■ココナツとり
田舎の家で「ココナツとり」に呼んでくれました。
半円形のかなり太い針金(かなり太い)に下駄のようなステップのついたモノを、互い違いに引っ掛けて登っていきます。針金には、もちろん木に引っかかるように棘のようなものがついてます。
上に行くと、鉈で枝を切りココナツをまとめて下ろします。
裸足の子供がよじ登る、あるいは猿?との期待は、見事にはずれ、あっけない作業でした。
その後は、とれとれのココナツジュース飲みました。

 
■ラオス情報へのリンク
 
 
 

サイトの利用条件個人情報保護方針


Copyright Lao=Lao. All Rights Reserved.