■火の玉
10月の満月の日、メコン河とナムグン河の合流点(ビエンチャンの下流)で火の玉が出ます。
対岸のタイ側は見物席が作られています。赤いところは、どうやら特別席らしい。夕方には超満員の様子でした。「火の玉スポット」はタイの観光名所になっているとのことです。
 
こちらラオス側、持参のシートに腰を下ろし、飲んだり食ったりしゃべったりと、待つこと2、3時間。村の何でも屋で買ったビール1ケースがなくなったのに、何も起こりませんでした。
村人も床机を持ち出して見物しているので、まんざらウソではなさそうですが、「見たという人を知っている人」はいても、「見たという人」はいませんでした。
 
ノンビリのラオスで、ますますノンビリの一時でした。
 

 
■ラオス情報へのリンク
 
 
 

サイトの利用条件個人情報保護方針


Copyright Lao=Lao. All Rights Reserved.