Home > People > The Stream >食材ネット通販「オイシックス」

食材ネット通販「オイシックス」 2009年1月22日放送

 東京品川区に、有機・無添加食材のインターネット通販で業績を伸ばしている「オイシックス」という従業員76人の会社があります。多くの企業が世界的な不況の波に翻弄される中、10年ほど前の創業以来増収を続け、20093月期は60億円を突破する売上、経常利益も23億円を見込んでいるそうです。

 BSE(狂牛病)や鳥インフルエンザ問題は、何か遠い昔の話のような気もしますが、昨年は中国製ギョーザの中毒事件、乳製品へのメラミン混入問題、農水大臣・次官の更迭にまで及んだ事故米の問題など、「食の安全」を脅かす事件が立て続けに起こりました。

さらに急激に表面化した産地偽装問題は後を絶たず、老舗の「赤福」や「船場吉兆」、「不二家」のごまかしなど「食の安心」も脅かされる始末、食の安全・安心に対する人々の関心が高くなっています。

一方、押し寄せる不況で年末年始の旅行や最近の買い物パターンなども“安・近・短・楽・・・安くて、近く、短くて楽”という風潮のようで、デパートやスーパーの売上が不調なのに対し、コンビニが好調、宅配されるネット通信販売が急速な伸びを示すといった傾向が目立っています。これらの社会現象が食材ネット通販「オイシックス」の着実な成長の背景となっているのかも知れません。

 「オイシックス」の社長は高島宏平氏36歳、東大大学院情報工学専攻を終了後、外資系コンサルテイング会社でe-コマース部門を担当、インターネットによるビジネスの貴重な経験を経て20006月に退社、「オイシックス」を設立。2007年には「ヤング・グローバル・リーダー」で世界の150人に選ばれ、起業家の表彰制度である「Dream Gate Award 2007」も受賞するなど、新進気鋭の若き経営者です。

 「作った人が自分の子供に食べさせることのできる食品だけを売りたい」というのが創業以来の企業理念。高島社長によると、当初は小さな子供のいる30代の主婦が主な客だったのが、去年あたりから一人暮らしのOLなども加わり、最近では50代、60代の夫婦二人暮らしの顧客も増え, 購入経験者は35万人を越えているそうです。

 高島社長によると着実な成長には二つの要因があり、一つは、やはり、最近の食の安心・安全に対する関心の高まりだとしています。

「オイシックス」のホームページには、1,000以上の契約農家の詳細な栽培記録やその管理状況が分りやすく公開されています。

また、食の専門家と利用者で構成される「食質監査委員会」があって、ここで合格した食品のみを販売、独自の食品安全基準も制定され、こういった真剣な取り組みと、ネットによる明解な情報公開が購入者の安全、安心感に繋がっているようです。

 二つ目の要因はネットによる買い物が一般化したこと。会社設立当時はネットで食料品を買うなどは常識外で、メロンや蟹などの一部高級品に限られていたのが、今では野菜類、豆腐や納豆、牛乳まで日常使う食料品をネットで買うのが普通になって来たそうです。

 「オイシックス」のホームページを覗くと、「お試しセット」というのがまず眼に飛び込んで来ます。各種の野菜、卵、バナナ、豆腐、豚肉など12種類のパック、送料込み通常価格4,000円が2,900円、やはり食品は安全・安心だけでは固定客は掴めないわけで、おいしさにも自信があるのでしょう。高島社長によると売上の8割は毎週のように注文をくれるリピーターによるそうで、携帯電話ビジネスに似ていると言います。いったん登録すれば、その後何年も通話料収入が確実というわけです。品質、味、安心、安全に自信があり、「お試しセット」で気に入れば顧客は固定化し、毎日消費する食品だけに、定期的に継続して注文が期待できることになります。

 ネットを通じた顧客と生産者の間の大量な情報の共有も「オイシックス」の強力な武器と言えます。“トマトは酸味がきつかった”という顧客のコメントが即座に契約農家に伝わり、肥料を変えるというようなアクションとなり、その結果を共有できる・・ネットだから可能となる新時代のマーケテイング技法とも言えるでしょう。

 不況の影響もあるのか、「ふぞろいな野菜たち」という通常価格の3割引パッケージの最近の売上が、去年の夏頃に比べ2.5倍に伸びているそうです。表面の傷や曲がった野菜などは、味は同じなのに規格外で棄てられるか、加工用に安く処分されるわけで、「オイシックス」の1,000軒の契約農家にとっても大きな利点です。

 食料自給率や農業問題が議論され、団塊世代が一挙に退職するなど高齢化社会を向える日本、既存の枠組みから一歩出て、新時代のツールであるインターネットをフルに活用する「オイシックス」の新しい取り組みと将来の動向が大いに注目されます。 

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         
Copyright © 2010 KDC CO., LTD All Rights Reserved.