Home > People > The Stream > 増えるか「野菜工場」

増えるか「野菜工場」 2009年5月7日放送

 食料自給率の向上、食料の安定生産、食の安全などを背景に太陽の代わりに蛍光灯やLED、土の代役に栄養分をバランス良く含んだ養液を使い、天候に左右されず、農薬も使わずに工場生産される「野菜工場」が最近話題となっています。

都心大手町の林立するビルの地下2階に出現した野菜工場を「東京地下農場 パソナO2」と題して、この番組で紹介したのは2年半前の200610月でした。最近の不況の影響もあって、稼動していない工場跡地などを利用して野菜工場に参入する企業などが増えているのだそうです。先日の朝日新聞には、農水省も植物工場・野菜工場の普及に本格的に取り組み、新品種の実験やコスト削減への研究などを援助し、現在約50ケ所あるといわれる野菜工場を今後3年間で3倍の150ケ所に増やすことを目標に、今年度予算で61億円、経済危機対策で96億円を計上・・という記事が載っていました。

 去年の53日、最高気温-9.5℃という南極の昭和基地の屋内で水耕栽培された新鮮なレタスを収穫し、喜びに湧く隊員達の写真が新聞で報道されました。隊員が30人もいると、日本から南極へ向う途中のオーストラリアで野菜などを補給しても、半年位で使い切ってしまうそうで、取れたての新鮮な野菜は貴重だというわけです。レタスだけでなくハーブ類も栽培し週に1回程度収穫。新鮮な野菜は料理を華やかにするだけでなく、緑色を目にすることの出来ない南極では栽培中の様子を見るだけでも心が和むのだそうです。

 この南極の野菜工場の技術指導をしたのは、千葉県松戸市にある野菜生産販売会社「みらい」の嶋村茂治社長、38歳。千葉大大学院出身の嶋村氏は同大の園芸学部と野菜工場の技術を共同開発、国立極地研究所へ南極の食糧事情改善の一環として提案、見事なレタスの収穫に繋がったというわけです。

 千葉県松戸市、新京成線五香駅の近くに嶋村社長の経営する「グリーンフレーバー」という野菜販売所と工場があります。採れ立てのレタス、ミズナ、ルッコラ、バジル、サンチュ、グリーンリーフ等が売られ、店舗の奥にある野菜工場も見学出来るようになっています。栽培期間中は一切の農薬を使わないので安全・安心、食感が良く、甘みの強い野菜で子供たちも喜んで食べる、レタスの例だとカルシウム、カリウム、マグネシュームなどのミネラル、ビタミンCも通常の野菜の23倍・・というのが売り文句になっています。

「みらい」の野菜工場は僅か20坪、2.65mの高さに7段の棚があり、緑の野菜がびっしり、年間約10トンの野菜を生産しています。

技術供与した野菜工場は南極を含め4ケ所、海外への進出も考慮中だそうです。嶋村社長は、野菜工場を「完全制御型植物生産システム―グリーンルーム」と名付けて計画生産による農業の工業化を目指し、売店の「グリーンフレーバー」は野菜の生産と販売を一体化させた「農業のサービス業化」だと豪語しています。

 「みらい」と提携して野菜工場に乗り出している異色な会社があります。1653年(承応2年)に創業、350年以上の伝統と歴史を誇る「和紙」で有名な日本橋の「小津産業株式会社」。 江戸時代から江戸、東京、日本橋に育てられて来た小津産業が“地域に恩返しが出来ないか”という想いからの事業を企画中、千葉大学や「みらい」の嶋村社長と知り合い、「野菜工場」へ行き着いたのだそうです。

子会社が東京都府中市に所有する462㎡の既存の建物を改造して野菜工場を建設、昨年の10月に開所式が華々しく行われました。「日本橋やさい」というネーミングで東京都内のホテル、レストランや小売店を通じて販売が開始されています。

先日のあるテレビ番組では、「大戸屋ごはん処」を全国に208店舗展開する外食産業チェーンがお店で使うサラダ用の野菜を、店舗に直結した「野菜工場」で生産、提供を始めたと紹介されていました。必要に応じて採るので新鮮、在庫も要らない、洗う必要もなく、棄てるところも少なく無駄が無くゴミも少ない、運搬費も掛からない・・と野菜工場の利点が力説されていました。

一方、ある程度の規模の野菜工場建設には、やはり億単位の設備投資が必要なようです。自然災害にも影響されず計画的な生産が出来る反面、空調はもとより、電力消費の少ないLED照明を使ったとしても相当な電力を使い、CO2の発生は増えます。コストが割高な点が問題で、品種の改良など今後の課題も多いようです。

通常野菜にとって代わることはないにしても、南極だけでなく、いずれ砂漠の真ん中に太陽光発電で電力、海水を淡水化して環境にも優しい大規模野菜工場が出現する日も遠くないのでしょうか。

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         
Copyright © 2010 KDC CO., LTD All Rights Reserved.