Home > People > The Stream > 目黒の緑地公園「すずめのお宿」

目黒の緑地公園「すずめのお宿」 2009年5月21日放送

高速料金1,000円効果で長いゴールデンウィークは日本中渋滞だらけ、必要以上のガソリンを浪費し、排出するCOもいつもの年より2.5倍という報道もありました。新型インフルエンザの急激な感染増で、どの新聞も、どこの放送局もこの話題でもち切り、私自身がまとめ役を務めていた総勢28人の友人達との6月末出発予定のカナダ旅行も自粛・中止に追い込まれました。

 日本に帰国中だったカナダ在住の友人から便りがあり、成田の空港では78割がマスク着用、到着したカナダのトロント空港ではマスク姿はほとんど見かけなかったそうです。トロントで落語公演中の桂三枝師匠一行がマスク姿でホテルのエレベータに乗っていたら、テロリスト集団と間違えられたという、真実味のある笑い話も伝えて来ました。関西方面での国内感染者急増で修学旅行の延期・中止どころか1週間の休校、都市機能の麻痺で経済活動への影響も甚大、ちょっと過剰反応で「一億総・・」という表現を想い出します。

世は情報化の時代、世界中のありとあらゆる情報が瞬時に伝わる素晴らしい時代、それでも不必要な情報にも踊らされ、右往左往して何か落ち着かず、自分を見失ってしまうような気もします。   中国の孟浩然の「春眠暁を覚えず 処々に啼鳥を聞く」という有名な漢詩がありますが、小鳥の鳴き声など耳に入る余裕など無く、朝、起きざまに新聞やテレビのニュースにかじりつき、株価や為替、不況の話題や政治の動きを追いかける・・中国の先人に倣って、少しは心のゆとりを持ちたいと、ふと思うこの頃です。

 小鳥といえばもっとも身近なのは雀。JR山手線目黒駅からほど近い碑文谷三丁目に「すずめのお宿・緑地公園」という珍しい名前の公園があります。約7,500㎡の公園のほぼ半分は竹林、今からおよそ200年前、江戸時代安永年間に始まったという目黒の筍栽培は、大正中頃に最盛期だったそうで、「目黒のサンマ」ではなく、「筍の目黒」として有名だったようです。昭和初期まではこの竹林に数千羽の雀が住みつき、朝早くいずこへともなく飛び立ち、夕方には空が見えなくなるほどの群れをなして帰って来るところから、いつしか「すずめのお宿・緑地公園」と呼ばれるようになったのだそうで、実にロマンチックで心の和む命名です。

今や公園の周りはビッシリと住宅街、それでもこの公園から5分ほどのところに住んでいる私の友人は、実にさわやかな格好の散歩道だと伝えてきました。今では雀はどの位いるのか分りませんが可愛らしい「雀と少女のモニュメント」があり、空を覆い隠すほど天高く伸びたモウソウチクの竹林の緑や、くすやけやきの木々とともに区民の憩いの場になっているようです。

公園の一角には古い民家が復元・移築されています。江戸時代に代々「年寄」という村の重要な役職を務めた家柄の「栗山家」から昭和54年に目黒区に寄贈されたものだそうです。安政4年(1857年)に大きな改築が行われたという記録があることや、大黒柱を含めた軸組の構造、南側の外縁などの建築様式から、この古民家は江戸時代中期に建てられたと推測されています。「栗山一族の子孫が会社にいましたよ」と会社時代の同僚だった友人に言われ、あの栗山さんがそうだったのか・・と今更ながら驚かされています。

ところで雀の話。日本にはおよそ1,800万羽の雀がいると推測した人がいます。日本学術振興会特別研究員で立教大学に籍を置く三上修という方。ヤンバルクイナ約1千羽、アホウドリ約2千羽など希少種は別として、ある種の鳥がどの位いるかなど調べられたことはほとんど無いのだそうです。三上さんの方法は住宅地、商業地、農村部などの異なる環境ごとに生息密度を調べる方法。500m四方を一つの調査地とし、秋田、埼玉、熊本の3県で40箇所を歩いて調べたそうです。1羽ずつ数えるわけには行かず、調査地当り約5時間かけて雀の巣を数え、全国の土地利用が分る地理情報システムのデータを基に計算して1,800万羽という数字をはじき出したというわけです。去年12月の朝日新聞記事で、三上さんは「誤差は大分大きいかも知れないが、推測したことに意義がある」と語っています。

 雀は人間生活に密着した鳥で、逆に人里を離れては生息しない鳥だそうです。「我と来て 遊べや 親のない雀」「雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る」・・江戸後期の俳人・小林一茶の有名な俳句も、身近な愛すべき小鳥としての雀が題材です。 殺伐として、何となくアクセク、落ち着きの無い今の世の中。小鳥の鳴き声で目覚め、廻りの人や物への思い遣りの心を大切にし、雀にも想いを寄せる・・古き賢人たちに倣って、少し心のゆとりが欲しいものです。

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         
Copyright © 2010 KDC CO., LTD All Rights Reserved.