Home > People > The Stream > 百万人のキャンドルナイト

百万人のキャンドルナイト 2009年7月30日放送

 「電気を消してスローな夜を!」を合言葉に、620日夏至の前日から7月初旬にかけて730件を超えるいろいろなイベントが全国各地で開かれました。環境問題が地球的な課題の中、キャンドルナイト実行委員会が2003年から進めて来たこの運動は、今後ますます大きな拡がりとなって行くようです。

この運動のきっかけは2001年、1ケ月に1基のペースで原子力発電所を造ると言い出した米国ブッシュ大統領の政策に反対して、カナダで起こった「自主停電運動」だったのだそうです。環境問題をテーマに活動している「ナマケモノ倶楽部」というNGOを運営する文化人類学者・明治学院大学の辻信一教授が、自身の経営する「カフェ・スロー(東京国分寺市)」で、電気を消してキャンドルの灯りのもとで食事や飲み物を提供したところ、大変な評判となり、これがキャンドルナイト運動の原点になりました。

カフェ・スローでは、毎週金曜日の夜は「暗闇カフェ」の時間、アンプやマイクもないライブは、小石で奏でる波音や竹笛を使うなどして静かな時間が演出・・ぜひ一度訪ねて見たいと思っています。

 東京でも多くのイベントが行われました。港区芝にある浄土宗大本山増上寺は眼の前が東京タワー。夏至の日の夜、境内に集まった5千人を越える群集のカウントダウンに合わせ東京タワーの灯が消され、無数のキャンドルの中、ライブコンサートが開かれました。

このイベントは、江戸八百八町を捩って「東京八百夜灯」と命名され、全員のカウントダウンに合わせて東京タワーが消灯される様子は実に象徴的で、胸打たれる光景でした。

 現代美術関係など広い分野で活動している深瀬鋭一郎氏の呼びかけで3年前から始まった「トウキョウ・ミルキーウエイ」というイベントも行われました。深夜までネオンの瞬く銀座、「都会に星空を取り戻したい」という想いから、照明を落としたアートギャラリーでキャンドルの灯りを手に芸術作品を鑑賞しようという試みです。

「暗闇ならではの光と影」が独特な雰囲気で、額縁や人の影が作品に重なってアートの一部になるのだそうです。銀座を中心に東京都内で約50ヶ所のギャラリーが参加したそうです。

 秋葉原駅近くにある「ギャラリー・コエグジスト(COEXIST)」では、キャンドル・アーテイストとして活躍しているキャンドル・ジュンさんの個展が開かれました。彼が旅先で拾ったという流木を集めて造ったオブジェ「大樹」の周りに大小無数のろうそくを並べた作品を来場者がじゅうたんに座って静かに鑑賞するイベントでした。

「百万人のキャンドルナイト」へは、多くの著名人から言葉が寄せられています。「文明の光は宇宙の光を見えなくする。ローソク一本なら夜空の星は良く見える。」倉本聡(作家)。「嘘っぱちの光が消えた時見えてくる、生きていること、生きて行くこと。」加藤登紀子(歌手)。「昼は明るく、夜は暗い。あたり前の自然を見つめ、暗さも愛せる気持ちを持ちたい。」山本コータロー(フォーク歌手)。

「この運動が世界中に拡がったら素晴らしい。ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる。」オノ・ヨーコなどなど。

キャンドルの灯りは、人の心を和らげ、優しい気持ちにさせる魔力があるのでしょうか、洋の東西を問わず多くの異なった宗教でも、ろうそく、キャンドルは欠かせない存在と言えるでしょう。

 私のつたない経験ですが、一般的に欧米のレストランの照明は何となく薄暗く、時にはキャンドルの灯りだけ、日本の、特に和食レストランは煌々と明るいという印象を持っています。「これは全て“女性の美”が鍵である。西洋の女性は肌の美しさよりも彫りの深さが特長、ほの暗い照明でその美しさが際立つ。東洋の女性は、彫りは深くないがキメ細かい肌が誇り、明るい照明の下でその美しさが際立つ。」・・この説が正しいのかどうか、未だもって分りません。

 もっとも、西洋の料理は大皿に何もかも一緒に載せて出されますが、和食は会席料理に象徴されるように、個々の器の素晴らしさと目で味わう一品一品の料理の美しさが命、照明の明暗はこの料理の趣向の違いによるという方が正しいという気がします。

 私の家から車で40分位の埼玉県三郷市に、スエーデンの家具、生活雑貨の大型店「IKEA」がオープンしました。リンゴやナシの形をした大きなキャンドルが3個で100円など極めて安く、いろいろなキャンドルをたくさん買い込んで来ました。「百万人のキャンドルナイト」をきっかけに、キメ細かく美しい肌に、年輪を重ねて刻まれた小じわやシミのためにも、電気を消してキャンドルの灯りで心安らかに夕食を楽しもうか・・と考えたりしています。 登紀子(歌手)

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         
Copyright © 2010 KDC CO., LTD All Rights Reserved.