Home > People > The Stream > 都内唯一のそろばん専門店

都内唯一のそろばん専門店 2009年12月3日放送

 東武浅草駅から歩いて5分にある「山本そろばん店」、今では東京都内で唯一残っているそろばん専門店だそうです。

店先には巨大なそろばんが飾られ、店内はまるでそろばん博物館。

2m近い139桁のそろばん、縦型で玉を横に動かすロシアのそろばん、そろばんの原型ともいわれる中国の「シナそろばん」、ボタン一つでご破算に戻る「自動そろばん」など100種類以上の珍しい、いろいろなそろばんが置かれています。単に販売だけでなく、オーダーメードで手造りの注文にも応ずるそうで、創業70年の老舗、店主岩崎さんの丁寧で親切な説明振りが印象的です。

昔から「読み書きそろばん」と言われるほど計算、算数、数学の代名詞だったそろばん、私が入社したころは、会社から備品として全員にそろばんが支給されていました。その後、電卓の急速な普及、今では誰もがパソコン、そろばんで苦労した表の縦横計算の必要も無く、そろばんは事務所の必需品の地位を失ってしまったようです。

こうした背景もあり、珠算検定の受検者数なども長い間減少傾向が続いていたのですが、5年前辺りから一転して増加傾向に転じて来ているのだそうです。そろばんは「脳を鍛える効果」があるということから学校教育でも強化されるなど脚光を浴び始め、そろばんメーカーの売上も少しずつ増えているそうです。

 日本珠算連盟によると、珠算は単に計算のスピードを上げるだけでなく、いろいろな能力を高める効果があると言われ、暗算能力、数学的な思考力や集中力、記憶力などを養成するためには非常に効果的な学習方法だとしています。

「珠算検定」は日本商工会議所と日本珠算連盟によって行なわれており1級〜10級、「暗算検定」が1級〜10級とあり、さらに上級者を目指す「段位認定試験」が準初段〜10段まで、正式な人数は分らないのですが、大体毎年12万人程度が受検、これが最近は増加傾向にあると言うわけです。 私が高校生のころは、日商の珠算検定3級に合格しないと卒業出来なかった時代、生意気だったようで、単純な計算技術だけで創造性・クリエイテイビテイのない珠算はあまり好きではなく苦手、それでも何とか3級を取得、無事卒業しました。

 段位認定試験の内容を調べて見ました。そろばんを使ったかけ算、わり算、みとり算とそれぞれの暗算があって6種目あります。例えば、かけ算は11桁(100億単位)のもの60問で制限時間は10分、15点で300点満点。初段は100点、10段合格にはほぼ満点に近い290点以上。わり暗算では、何と6桁すなわち10万台のわり算を暗算で60問、制限時間は僅か3分、15点の300点満点で10段合格は同じく290点以上。素人の私からは人間の能力とは思えない超能力のような感じです。6種目全てで290点以上をクリアして初めて10段という最高位の栄誉が与えられるわけですが、一体何人が10段を取得しているのかは調べても分りませんでした。

 「珠算名人位決定戦」が2年に1回、日本珠算連盟主催、日本商工会議所の後援で行われています。珠算、暗算能力の日本一を決める熱い戦いで、昭和49年から続いているそうです。各都道府県大会の代表と6段以上の取得者に出場権が与えられます。昨年、岐阜県で行われた第17代名人位決定戦には150名が参加、最年少で名人となった東北大学4年生の土屋宏明十段が5回連続で名人に輝いた・・と当時の新聞は華々しく伝えています。

 そろばんの歴史を少々。そろばんは漢字で「算盤」と書きますが、中国語の発音「スワンバン」が変化したようで、やはり中国で発明され日本へ伝わって来たという説が有力です。伝わった時期は、1570年代の書物「日本風土記」に「そうはん」という表現で、そろばんのことが書かれており16世紀ということになるのでしょうか。

 現存する日本最古のそろばんは加賀百万石の大名、前田利家が陣中で使ったと云われる「陣中そろばん」。桁には銅線、玉は獣の骨が使われ、行って見てはいませんが、現物は東京目黒区駒場にある前田家の文庫、「尊経閣文庫」に保存されているそうです。

 16世紀末の1595年、当時日本にいた宣教師が書いたといわれるラテン語、ポルトガル語、日本語の3ケ国語辞典には「アバクルス―そろばん」が記されており、英語の「Abacus−アバカス」の語源となったのでしょうか。

 ゲーム機などの脳トレーニングがブームですが、日本珠算連盟によると珠算検定受検は小・中学生が主流、ただ認知症予防の効果などもあるのか、最近は70歳以上の高齢者の受検が急増、これからは「高齢者向けそろばん塾」が流行することになるのかも知れません。 

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         
Copyright © 2010 KDC CO., LTD All Rights Reserved.