Home > People > The Stream > 「丼もの」で世界展開

「丼もの」で世界展開 2010年2月11日放送

 今年最初のこの番組で、寿司は世界中に普及しているのに何故ハンバーガーのマクドナルドのような寿司のグローバル企業が日本から出現しないのだろうか・・というテーマで放送しました。

今日は、もう一つの日本の大衆食“丼もの”を取り上げました。

 海外事情を伝えるある雑誌の記事によると、オーストラリアのブリスベンという街では日本の丼ものが大人気だそうで寿司人気を上回るかも、と伝えています。30代のオーストラリア人ビジネスマンは以前日本で英語教師をしていた時に牛丼に出会い、牛肉の国から来た彼にとってこれほど美味しいビーフの食べ方は衝撃的な感動だったと語っています。ブリスベンに帰ってからも週に一度は牛丼だとか。ある20代のOLさん、週3回は丼ものを食べている、牛丼、カレー丼、カツ丼、地元オリジナルの「サラダ丼」「スモークサーモン丼」など、それぞれ違う味を日替わりで楽しんでいる、ファストフードなのにそれぞれ下ごしらえされ、キチンと調理されていて素晴らしいと絶賛だそうです。

日本風に炊かれたご飯がベースの「丼もの」なのに、オーストラリアで大人気という話にはいささか驚きです。

 丼のルーツは室町時代に僧侶が食べた「僧飯」、貴族が食べた「芳飯」にあり、57種類の野菜中心の細かく刻んだ具に汁をかけたものというのが有力な説です。今のような丼ものに近い形では「鰻丼」が最も早く19世紀初頭、続いて江戸末期にはこの番組でも取り上げた「深川丼」が登場、明治初期には「牛丼」や「開化丼」が現れ、鶏肉を卵でとじた「親子丼」へと続いて行きました。「カツ丼」の登場は意外と遅い大正時代だそうです。

 忙しい時に素早く手軽に食べられる丼ものは、せっかちな日本人に受け入れられ、具を変えることで次々と新しい丼ものが生まれて来たのでしょう。天丼、鉄火丼、海鮮丼から中華系の麻婆丼、天津丼、これに地方色豊かな具の工夫で、いまでは数え切れないほど多くの丼ものが出され、それぞれの味を楽しむことが出来ます。

 雪の新潟・柏崎には申し訳ないのですが、房総半島は今が花盛り、菜の花、ポピー、ストック、金盞花などが咲き誇っています。晴天なれど風が冷たく寒い1月下旬、房総半島一周のドライブに出かけ、太平洋に面した鴨川に一泊しました。鴨川市は町興しの一環として「おらが丼」キャンペーンを5年前から継続中、現在49軒の飲食店が加盟、共通の幟旗を立て、各店それぞれ自慢の49種類の丼で競い合っています。昼食に寄った「川京」で食べた「さざえ丼」、半分火を通したさざえが絶妙な食感、肝とともに盛り付け、特製のタレが使われ“美味しい”の一言、お値段は1,100円でした。

 124日には、石川県金沢市で「全国丼(どん)サミットいしかわ」が初めて開催され、鴨川の「おらが丼」や神奈川県小田原市、和歌山県田辺市、石川県輪島市など全国から23店が自慢のご当地丼を展示販売、シンポジウムも開かれたというニュースもありました。

 最もポピュラーな丼ものはやはり牛丼、全国にチェーン展開する「すき家」「吉野家」「松屋」「なか卯」の上位4社を始め、地域限定の有名チェーン「神戸らんぷ亭」「牛丼太郎」などが、出店による売上増や価格で熾烈な戦いを繰り広げています。

 35年ほど前、私がロスに駐在のころ、比較的に日系人の多いロス郊外のガーデナ市に吉野家の米国1号店が出来ました。牛丼は「Beef Bowl」という命名、まさに「牛肉のどんぶり」そのものでした。

 吉野家は現在、米国ではカリフォルニア、NY,ネヴァダ、アリゾナの4州に90店舗を展開しています。北京や上海など中国本土に170店舗、台湾56、香港42、シンガポール12、フィリッピン8店舗を合わせると全部で378店の海外展開で、今後も中国、米国に経営資源を重点配分しながら他の地域にも拡張する方針だそうです。

日本国内の店舗数では吉野家を上回る「すき屋」では、海外への進出にはあまり力点を置いておらず、国内に748店舗を展開する「松屋」も海外店舗は僅か5店舗に過ぎません。吉野屋のアメリカのホームページには、伝統の牛丼に加え、鶏丼、牛と鶏のコンボ丼、サラダ丼、エビ丼の5種類のメニュー、料金の表示はありませんが日本での牛丼が300円程度から類推すると、量も多く45ドルと思われます。 美味しく炊かれた日本のご飯に、具はそれぞれの国の好みに合わせた丼ものができるわけで、世界中へ展開しても成功の可能性が高いのではという気もします。 美味しい日本のコメを使えば、農業の活性化にも繋がる・・・世界中に1万店くらい展開する「丼もの」のグローバル企業の出現に期待したいところです。 

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         
Copyright © 2010 KDC CO., LTD All Rights Reserved.