Home > People > The Stream > 墓マイラーブーム?

墓マイラーブーム? 2010年4月8日放送

 お彼岸に合わせたのか、320日近辺に多くのマスコミが一斉に「墓マイラー」を話題として取り上げ驚かされました。

歴史ブームの影響もあって、歴史上の著名人のお墓を巡る人達が増えていて、“墓参り”に英語の“ER”を付けた“墓マイラー・・お墓参りをする人”という新語・造語が注目を集めているようです。

321日付け朝日新聞の天声人語にまで「墓マイラー」という表現が登場、今年の流行語大賞の候補だという説もあるそうです。

「墓マイラー」という表現の生みの親は、世界中の1,300人を超える著名なお墓を23年間かけて巡り、ネット上に「世界恩人墓巡礼」を掲載している通称“カジポンさん”という人のようです。

 お台場にNiftyが運営する「東京カルチャーカルチャー」という、飲んだり食べたりしながら気楽にイベントを楽しめる飲食スタイルのライブハウスがあります。去る313日、ここでカジポンさんや、「著名人のお墓を歩く―谷中、染井、雑司が谷編」という単行本の著者“あきやま みみこ”などが参加した「墓マイラーたち・美墓デザインの世界」というトークショウが行われました。お墓についてのトークショウという奇妙なイベントにも拘わらずライブハウスは満席の盛況振りだったという記事が出ていました。

 あきやまみみこさんがガイド本を出すきっかけとなったのは、豊島区の雑司が谷霊園にある夏目漱石のお墓。安楽椅子をイメージしたといわれ周囲を圧倒する大きさ、お墓に手を置いて偉大な漱石と語り合えているような感動を覚え、同じ霊園にある永井荷風や竹久夢二のお墓を探し回り、たちまちのめり込んで台東区、豊島区の墓地に眠る著名人66人の墓を写真と共に紹介した「著名人のお墓を歩く」の刊行となったと話しています。

豊島区では漱石など雑司ヶ谷霊園に眠る有名人のうち、11人の墓の場所を記したパンフレットを作成、2年前から無料で配布を始めたところ大好評、これまでに6万部以上も印刷されているそうです。

この時期、満開の桜の美しい谷中霊園には最後の将軍・徳川慶喜や最も新しい森繁久の墓、長谷川一夫、横山大観、渋沢栄一から現総理の祖父・鳩山一郎、父君・威一郎など数え切れないほど多くの著名人が眠っています。

港区にある都立の青山霊園も著名人の墓が多いことで有名です。「坂の上の雲」の陸軍大将・秋山好古、海軍大将・山本権兵衛や市川団十郎、初代中村吉衛門、志賀直哉など。珍しいお墓では「忠犬ハチ公」の碑が、飼い主・上野英三郎の墓の側に建てられています。

 お台場でのお墓トークショウに参加した「カジポン」氏のホームページ「世界恩人墓巡礼」には、作家、画家、俳優、武人、剣豪など36のジャンル別に世界中の1,316人のお墓の写真や人物像などが詳細にわたって紹介されています。 氏が23年間をかけての集大成で、“世界の有名人お墓事典”とも言える驚くべき力作です。

 読売新聞に紹介された会社員・真野和昌さん30歳のお話。墓巡りにのめり込んだのは数年前、花見の途中に立ち寄った徳川慶喜のお墓を見てから。「最後の将軍」がここに眠っていると想うと気持ちが昂ぶり、興味が湧き、関係の歴史書や時代小説を読み漁り、知識が広がるのが楽しく、今まで都内や神奈川県の墓地など500人以上を墓参、「有名人を独り占め出来るような感覚」だと語っています。  

墓めぐりの人気の背景について、「生と死」が研究テーマの国立歴史民俗博物館の新谷尚紀教授は「核家族化が進み、病院で亡くなる人が増え、葬儀も業者任せとなり、死のリアリティーが薄れている。このため、墓を記念碑のように捉えて有名人に近づくスタンプラリーのような感覚が広がっているのでは」と解説しています。

 「千の風になって」は、テノール歌手秋山雅史の格調高い歌唱力で根強い人気が続いています。原詩は作者不詳と言われていましたが、20049月に94歳で亡くなったアメリカ人女性メアリー・フライの作品だという説が有力になっています。

この詩を日本語に訳したのは、ご存知新潟県出身の新井満氏です。

実は新井氏も著名人の墓参りが趣味なのだそうで、あるコラムに

著名人の墓参りという趣味の始まりは35年前、函館にある石川啄木の墓だった。墓前で「あなたの歌に曲をつけてもいいですか」「勝手にしろ」というやりとりをした。「啄木・組曲 ふるさとの山に向いて」という作品はこれがきっかけだった。”と述べています。

 お墓に眠っていなくても、千の風になって大きな空を吹きわたり墓マイラーたちに啓示を与え続けているとすれば、ブームとなりつつある著名人の墓マイラー現象にも意義があるのでしょうか。

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         Last Update 2009/01/27
Copyright © 2009 KDC CO., LTD All Rights Reserved.