Home > People > The Stream > 人気上昇「皇居ランニング」

人気上昇「皇居ランニング」 2010年11月4日放送

 来年227日に第5回目が開催される東京マラソンは32千人が参加する世界的なイベント。8月末に締め切られた参加者募集への応募は30万人を越え、抽選の倍率は9.6倍だそうです。

東京都庁をスタート皇居、東京タワー、銀座四丁目交差点、浅草雷門、東京ビッグサイトなど過去から現在、そして未来の東京を象徴するコースというのが売り文句で大人気の要因の一つでしょう。

 東京マラソンに限らず、市民マラソンは日本全国で年間約2,000レースも開催される人気イベントになっているようです。2006年の社会生活基本調査の結果では、軽いジョギングを含めた全国のマラソン、ジョギング人口は997万人を超え、およそ10人に1人が“走る日本人”というわけです。

 こうしたマラソン人気や健康志向、ストレス解消効果なども背景にあるのか、皇居を1周する約5kmのランニングコースの人気が高くなっています。東京マラソンが始まった2007年を契機に、マラソン人気に比例するように急激に増えて来たといわれています。

 千代田区観光協会によると、皇居は「東京のセントラルパーク」、都心に位置しながら規模が大きく、豊かな自然や緑、お濠の水辺空間、外側には国会議事堂など著名な建築物が多く、眺望の良さが市民ランナーの人気。協会では眺望ポイントに加え、スタート地点、途中で必要なチェックポイント、ランステ(ランナーズステーション)と呼ばれる着替えやシャワー施設などを紹介、走る人たちへの便宜が図られています。高低差は約26mで初心者から上級者まで幅広いランナーに向き、交通アクセスも良く、コースに信号が少ないことなども人気上昇につながっているようです。

このコースは、どんな時間帯でもランナーを見かけるのですが、特に夕刻になると仕事帰りのサラリーマンやOLが増えて来ます。

ここ23年、特に女性の参加者が目立ち、ここでも女性が主役のようで、ランナーの急増と共に周辺の関連したビジネスも活況です。

「ランステ」と呼ばれるランニング拠点は皇居1周コースのあちこちにあり、ざっと数えただけでも20ケ所以上です。荷物を預ける、着替える、汗を洗い流す設備が最低条件ですが、これにランナー同士の交流やセミナーなどのイベント、さらにカフェやヨガスタジオなどの付加価値を付けた高級なランステもあります。

麹町にある「スポーツパシフィックヘブン」は料金800円、頻度の高いランナーのために月額で4,200円というシステムもあります。

別料金ですが、ランニングフォームのチェック、トレーニングプランの作成からマッサージ、鍼のサービスも受けられます。

 地下鉄半蔵門駅から歩いて1分にある「バン・ドウ−シュ」は不思議な名前ですが、実は昔からの銭湯なのです。この銭湯、実は皇居ランナーで大賑わい、450円の入浴料を払い、着替えをしてロッカーに入れ、颯爽と皇居ランニング、終わってゆっくり入浴して帰宅する皇居ランナーを大歓迎というわけです。

他にも神保町にある「梅の湯」、神田の「稲荷湯」、お茶ノ水にある「江戸遊」なども銭湯好きの皇居ランナーを受け入れて繁盛です。

 女性ランナーの増加で、女性限定のランステも出現しています。例えば、千代田区三番町にある「Doctor Plus」は入会金が12,000円ですが、女性会員限定のフイットネスジム。上質で落ち着きのある洒落た佇まいでカフェも併設、スポーツマッサージや鍼治療などもあり女性ランナーに評判が良く大人気だそうです。

こうした施設を運営する会社が集まって「ランナーサポート施設クラブ連絡会」が結成されています。施設やサービスの向上を話し合うだけでなく、ランナーのマナー向上を目指して「皇居ランナーマナー“10”宣言」を発表、左側走行をする、狭いところは一列で追い抜きを避ける、反時計廻りとし逆走しない、思いやりの心を大切に!・・などの十箇条を定め、PRに努めています。

最近「新しいランニング 仕事に効く脳を鍛える」という本が出版されました。単なる健康ブームや走る楽しみだけでなく、「自己管理力を鍛える、自分との対話を楽しむ貴重な時間を持つ、瞑想法の一つ・・」など、いわゆるビジネス脳を鍛える効果があるとされ、経営に携わる立場の人たちにもランニングをする人が増えているそうです。この本はランニングが何故ビジネス脳を鍛えるのか、効果を高めるには、故障やリスクへの対応などを解説した異色のランニングブックだという宣伝文句です。

 東京にエスカレーターの無い駅はありません。世の中、便利になるほど運動不足、皇居でなくても歩き、走るのがお勧めのようです。

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         Last Update 2009/01/27
Copyright © 2009 KDC CO., LTD All Rights Reserved.