Home > People > The Stream > 1位はスカイツリー“2011東京ブーム予測”

1位はスカイツリー“2011東京ブーム予測” 2011年1月20日放送

 タイガーマスク・伊達直人のランドセルが思わぬ拡がりを見せています。前回(16日)に放送した「恩送り」の直後に始まった騒ぎだけに不思議な気がしています。恩返しをする代わりに、それが必要な他の人に善意や親切を施す・・という「恩送り」は、まさにタイガーマスクの行為に通じます。単なる一過性の騒ぎではなく、「恩送り」の輪として拡がって行って欲しいと願っています。

 角川マーケテイング社が発行する雑誌「東京ウオーカー」が毎年この時期に発表する「東京ブーム予測ランキング」、今年は東京スカイツリーが他を大きく引き離して1位にランクされています。

2位にはソーシャル・ネットワークの「フェースブック」、3位はもうすぐ中国から上野動物園にやってくる「イケメンパンダ」、オス・メス2頭ともパンダの世界では美しいとされる“丸顔パンダ”だそうです。4位に「ポータブル3D」、5位は「時間制課金居酒屋」と続いていますが、タイガーマスクが予想外のブームで順位変動が必至となるかも知れません。

 東京スカイツリーの開業は1年以上先の来年の春ですが、現在の高さはすでに549m、最終の634mに達するのは2ケ月後の今年の3月ということもあり、“東京ブームランキング”で断トツのトップとなるのは間違いないところでしょう。日毎に天に向かって伸びるツリーを追って、周辺地域は早くも大盛り上がりの様相です。

特に、撮影名所の東武橋や十間橋は今でも週末に300人以上が殺到するほどで、これからますます熱を帯びてくるようです。

周辺グルメやグッズも活況。スカイツリーをイメージした“タワー系グルメ”も、さらに高くなった“超タワー系”へ進化中、公式キャラクター“ソラカラちゃん”グッズも続々発売予定されています。また、東武バスや近隣ホテルでは634mになる3月に各社で“記念プラン”を計画中など、スカイツリーだけでなく多方面でブームが巻き起こることになりそうです。

 高さ500mを越えて、冬型の気圧配置で空気の澄むこの時期、かなり遠くからも塔が見えるようで、直線距離で約140km離れた茨城・福島の県境にある八溝山(やみぞさん)や、114kmにある群馬県榛名山中腹の富士見峠から撮った写真なども話題を呼んでいます。

 東京スカイツリーは世界で最も高い634mの電波塔、地上350mに造られる第一展望台と450mの第二展望台だけでなく、最新のプラネタリウムや都市型水族館など魅力的な施設も加わり、さらに、東西の長さが400mで床面積52千uという巨大ショッピングセンターとしての集客力も大いに期待されています。

 東京スカイツリーの説明資料によると、年間の集客予想は2,500万人、人口や交通インフラも違うので一概には比較出来ないのですが、約50年前完成の東京タワーは初年度540万人、今までの平均では年間240万から270万人の来場者だったそうです。

 世界中からの観光客で賑わう近くの浅草界隈には年間約2000万人が訪れているそうで、これに500万人の上乗せが必要となります。

専門家によると、開業から23年は2,500万人程度が可能かも知れないが、話題、人気とも一巡して来場者も落ち着く3年後位の集客力が問題だろうと指摘しています。

 展望台へのエレベータについて調べて見ました。地上から第一展望台へは、分速600mで所要時間50秒の40人乗り超高速エレベータが4台設置されます。第一から第二展望台へは分速240mで約40秒かかる高速エレベータで同じく40人乗りが2台、これらに加え、地下駐車場から第二展望台へ直行する日本最長の464.4mの27人乗りの業務用エレベータが2台据え付けられます。

 もし年間2,500万人が来場するとして計算すると、これらのエレベータをフル稼働しても第一展望台へ登れるのは来場者の3人に1人、第二展望台へは半分の6人に1人となってしまい、世界各国から遠路訪ねて来ても展望台へ登れない人が出ることになります。

 高さ634mの世界は何とも想像も出来ませんが、地震への対策は?上空の風はどの位強いのか?素人には不安が先に立ちます。

こんなモノを造れるのも世界に誇る日本の技術なのでしょうか。

 ちなみに、鉄骨に使われている鋼鉄の強度は1958年に完成した東京タワーでは断面積当りの「降伏強度」240N(ニュートン)/muに対し、スカイツリーは400630N/muだそうで、ほぼ2倍の強さというわけです。この鋼鉄はまだ世の中に存在しない鋼材であり、今回のために特別に国交大臣の材料認定を取得したのだそうです。

今日は語れば尽きないスカイツリーの話題の一部をお伝えしました。
 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         
Copyright © 2010 KDC CO., LTD All Rights Reserved.