Home > People > The Stream > 東京マラソン 2度目に挑戦する男

東マラソン 2度目に挑戦する男 2011年2月3日放送

 32,000人以上が参加する巨大イベント、今年で5回目を迎える東京マラソンの号砲は227日午前910分です。

今年65歳を迎える私の会社時代からの友人・松岡治夫氏が、2009年に続き2回目の東京マラソン完走を目指して挑戦します。

 2007年に始まったこの大会、おりからのランニング、マラソンブームに加え、著名なタレントや選手なども参加、オリンピックの東京開催を目指していた石原都知事の熱意もあって毎回参加希望者が殺到しているようです。今年も定員32,000人に対し応募は294,469人で約10倍、同時に行われる10km走では定員3,000人に40,678人も応募があったのだそうで、当然抽選となりました。

松岡氏も毎年応募、幸運だった2009年と違って見事に落選、今年から開設されたチャリテイランナーとして参加するのだそうです。

 東京マラソンのキャッチフレーズは「東京がひとつになる日」、ランナーだけでなく多くのボランテイアや応援する人たちの心をつないで大きな盛り上がり見せています。5年目を迎える今年はこの「つなぐ」をテーマにチャリテイ活動にも重点が置かれ、チャリテイランナー制度が新しく設けられました。

チャリテイランナーは1,000名の限定でフルマラソンのみ、一般参加料1万円の外にチャリテイ10万円を支払わなければなりません。

申し込みが締め切られた時点では予定の1,000人に満たず707名のみ、一般参加で抽選に洩れた人が約30万人もいたのに、10万円のチャリテイを払ってまで参加したい人は限られていたというわけです。

マラソン参加希望者の中にはタイガーマスクは思ったより少なかったというべきか、「チャリテイ・・寄付行為」は日本にはまだまだ定着していないということになるのでしょうか。

チャリテイランナーは一般参加者とは違った色のナンバーカードをつけ、さらに記念品として配布される特別なデザイン、色のTシャツを着用するそうです。Tシャツの背中にはチャリテイ参加の“想い”などを自筆で書くスペースがあり、当日の実況放送などでは特別な存在として注目を浴びることになりそうです。

東京マラソンが開始5年で人気絶大の巨大イベントに成長した大きな要因の一つは、コースの魅力だと言われます。新宿の東京都庁をスタートし、皇居、東京駅、東京タワー、銀座四丁目、浅草雷門そしてゴールの東京ビッグサイトなど、主催者に言わせると“過去から現在そして未来の東京を象徴するコース”というわけです。

世界のシテイマラソンの歴史は古く、ボストンマラソンは第1回オリンピックの翌年1897年に開催されています。世界の5大シテイマラソンはボストンを筆頭に世界100カ国以上から参加というニューヨークマラソン、参加者4万人という大規模なシカゴマラソンやロンドンマラソン、ベルリンマラソンの5つ、華やかなパリマラソンや話題の多いホノルルマラソンなども有名です。5年の歴史しかない東京マラソンも規模では世界の仲間入りと言えるでしょう。

 走ることがあまり得意ではない私などは、週2回ほど通うスポーツジムでランニングマシーンのベルトの上を12kmほど走ったり、歩いたりするだけでも汗ビッショリ、息もキレギレという情け無さです。フルマラソンの42.195kmを完走するなど、まさに気の遠くなるような別世界の話です。

友人の松岡氏は電気工学科出身の技術屋、AV機器の設計や検査の仕事から、商品企画を担当して世界中を駆け回る活躍、一時はロシアの原子力発電所の安全支援という異色の職務もこなしています。

退職後は福祉関係のボランテイア活動に熱意を燃やし、現在は障害者の福祉サービス、生活介護をする「水戸チャレンジ館」の施設長として多忙な毎日を過ごしています。まさにチャリテイランナーとして東京マラソンを走る資格は十分過ぎる男です。

マラソンを始めたキッカケは中年を迎えて体力の衰えを感じ始めた39歳、友人に誘われて歴史ある「勝田マラソン」(茨城県ひたちなか市)の10km走を初めて完走して大感激してから。10kmを何度か完走して経験を積み、45歳の時にフルマラソンに挑戦して6時間310秒で完走、以後は毎年参加しているのだそうです。

自己最高記録は5時間10分、65歳を迎える今は何とか6時間台を目指しているとか、ただ彼の誇りは、39歳での初挑戦以来100回以上の競技に参加、全て完走していることだと胸を張っています。

松岡氏は、130日に「勝田全国マラソン」で42kmを見事に完走、1ケ月も経たずに2回目の東京マラソンとなるわけで、「チャリテイランナー松岡」の挑戦に沿道から声援を送りたいと思います。

 
 
リンク
 
当サイトをご覧になるにはFLASHプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
Get FLASH PLAYER
▲ページトップへ
 
ギャラリーウォーク 〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4-14-16 KDC内  TEL/FAX:042-971-3120         
Copyright © 2010 KDC CO., LTD All Rights Reserved.